大阪在住通信インフラ社員のあれこれ

日常・車・筋トレ・読書・育児など、記録として発信していきます

家を購入するときに大事だった視点

家購入


日本人の平均年収は460万円ほど。

私と同世代の30代男性となると、470万円ほど。

あくまで平均であり中央値ではないのですが、私もありがたいことに、それ以上もらっています。

「平均以上」というと聞こえはいいかも知れませんが、持ち家もあり、車も所有し、外食したり、旅行も行けるので、それなりに不自由ない暮らしをしている方だと思います。

でも、上を見ればと言ってはおかしいのですが、同世代でも数千万稼いでいる方も当然いらっしゃって、高級車を所有し、バカでかい家に住んでいる方をTwitterで見かけたりします。

そんな方がいる現実を直視すると、「もっともっと稼がないといけない」・「現状で満足していてはダメだ」と安易に自分と比較してしまい、今ある生活が物足りなく感じてしまうことがあります。

 

お金があれば・・

お金がたくさんあれば選択肢が広がりますし、「どちらが安いんだろう」などと考える時間が減るとも思っています。

なのでもっと稼がないと、と考えてしまいます。

しかしそれは「お金に支配されている」状態とも言えるので、基本的な価値観というところは自分で持っているつもりです。

あくまで学生の時からお金の使い方は変わっていません。

物持ちは良い方で10年以上使っているモノもありますし、ブランド物にも興味はさほどありません。モノは使えるまで(壊れるまで)使い続けるタイプの人間です。

 

私のお金の掛け方

そういう私ですが、こと車に関してはお金の掛け方の価値観は違っていると思います。

学生の頃から「車」には興味があったので、欲しい気になる車を買えるように頑張ってきました。

入社当時など本当にお金がなかったのですが、生活費を切り詰めてまで車を購入しローン返済していました。

あの時はきつかったですが、その分仕事に対するモチベーションはかなり上がっていたと思います。

欲しいものを手に入れる・維持するためにどこまで自分の生活を切り詰められるか分かりましたし、その分稼ぐためのモチベーションにも変換されることがわかりました。

若くて独り身で自分の面倒だけ見ていればよかったあの時だからできた体験・経験だと思っています。

入社してから今に至るまで車を何度か乗り換えていますが、収入のほとんどが車に消えていっています。

同期にはお金をほとんど使わず貯蓄に回している人もいましたが、貯蓄額を聞くとその分だけ私は車にお金をかけてきたのか、、とショックを受けたほどです。

 

家探しの条件

ただ、家族ができた今は、「車欲しいぃ、、」と、そんなことばかりは言ってられません。

# 実際は車ばかり見て、「次はこの車かなぁ、、」などと言っていますが、、

私だけでなく、妻や子どもたちもいます。

家族ができてイベント毎の1つである、家探しはかなり(コロナもあり2年ほど)時間をかけていました。

家探しの条件として1戸建てをベースに物件を探していましたが、土地探しに苦労していました。

その当時、マンションを持ち家にする選択肢はありませんでした。マンションの内覧へ行きましたがあくまで「1室」「1部屋」という印象を持ってしまい、「持ち家」というイメージには遠く及ばなかったからです。また、私も妻も実家は持ち家のため「マンション」というものを購入するイメージもなかったのもあります。

 

当時、住宅展示場に見学に行った際に、FP(ファイナンシャルプランナー)の方と無料相談のイベントが開催されており、興味本位で妻と話を聞きに行くことにしました。

年収・勤務先・住宅購入にどれくらいの費用を出せるか、また私たちの財務状況からどれくらいのローンを組むのが適切なのか、などを教えていただきました。

その際にプランナーの方から言われたのが、

「あなたたちは「家」の価値をどのように位置づけするか、よく話し合ったほうが良いと思います。」

私も妻もハッとしました。なんとなく1戸建てに憧れてしまい家を購入しなければならない気がして探していましたが、「家」という物に私たちがどれほどの価値を見出し、お金をかけれるか、ということはあまり考えていませんでした。

 

結局購入した家は

それからコロナ禍になり家探しは一旦ストップし、子どもが産まれ、環境が変わって改めて家探しを再開した時には、プランナーの方に言われたことを反芻して振り返りながら家探しをしました。

すると、今までこだわっていた1戸建てという条件が外れ、マンションが選択肢に復帰し、さらには中古マンションという選択肢まで増えました。

そして中古マンション購入に至りました。

住んでみると快適です。

結局どんな物件でも満足していたのだと思いますが。。

 

家に求める価値・重要度

住んでみて改めて振り返ると、私たちが求めていた「家」という物に対する価値・重要度はそこまで高くなかったのだと知りました。

家に対してそこまでお金を出さなかったからこそ、お互いに趣味や食事などにお金をかけることができています。

私にしてみれば、趣味(車)というものの価値の方が大きかった、ということです。

私の収入ではそこまで選択肢は広くないですが、その中でも自分の人生の中で価値を見出せるものは見つけているつもりです。

 

家族4人となると今のマンションでも少し手狭になってきそうなので、広い家へ引っ越すことも検討しなくてはいけないかもですが、私たちの家に対する価値・重大度はそこまで高くないことがわかったので、建売や賃貸でも満足するかも知れません。

そういった選択肢をするためにも収入は多い方が良いのでしょうが、休職中の今、考えることではなかったですね。。

こういう状態を「高望み」といわれてしまうかもしれません。

現状に感謝し、つつましく生活できるように頑張ります。。

 

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

「私はあなたの人生に責任を負えませんから」


通院先の先生に言われました。

「責任」ということはどういうことなのか。責任というものについて考えてみました。

 

目次

先生との会話

先日、通院のために心療内科へ掛かりました。

最近の調子や会社との連絡状況について話していました。

 

「復職に向けてどうするか」の話において、

  • 現在の職場へ戻る
  • 違う担当の職場へ戻る
  • 転職する

こういう選択肢が先生からは「転職はおすすめしない」と助言いただきました。

多数の患者さんの中では、

  • 職場の人間関係が嫌
  • 会社そのものが嫌

という理由で休職している方で転職された方もいらっしゃるらしいのですが、うまくいかない事例も多いようです。

先生からは、

「転職という選択肢を選ぶことはできるが、それはあくまであなた個人の選択です。私はあなたの人生に責任を負えませんから、あなたの人生はあなたが選ぶのです。」

と言われました。

 

誰も自分の人生に責任を負ってはくれない

確かにそうです。

私の人生ですから他人に提示された選択を選んだからといって誰のせいでもないです。私の人生です。

 

診断されてからというもの、本やネットの記事などを見ても、

  • しんどい時は逃げてよい
  • 体調第一

などが記載されているものをよく見ます。実際自分も逃げて「休職」という選択を選んだわけですが、その選択を取るまでに不安や葛藤もありました。

逃げてどうなるの?戻れないんじゃないの?今でもそういった不安はあります。

 

本やネットの記事の通り選択したからといって、その記載した人達は私の人生に責任をなんら負ってくれるわけでもないです。

そういうことを考えていると、1人で生きているような感じがしてきました。家族や友人もいますが、結局のところ自分だけなのです。

自分自身の選択が自分を形作ってきているのです。

  • 食べるもの
  • 着るもの

など、日々たくさんの選択をして毎日生きています。

 

「責任を取る」とは

そもそも「責任を取る」というのはどういうことなのか、ググってみました。

そこでは以下のような考えがありました。

  • 相手を納得させられるか
  • 仕事については、事案に対してなんらかの対処を実施し、次に繋げられるか
  • 金銭的に解決する
  • 謝罪する
  • 解任する

個人的に腑に落ちたのは「相手を納得させらるか」という考え方です。

ググった内容で出てきたものは、ビジネス寄りな考え方のものがほとんどですが、「納得させることができる」というのは、相手だけでなく、自分に対しても有効な考え方だと思います。

 

「休職」という選択をしたことも自分に対して、「あの環境では休むしかなかったよね」というように納得するように考えることが、「休職」という選択をとった「責任」なのだと思います。

 

今はまだ、復職のイメージはつかないですが、今後どのような選択をしたとしても自分に対しては正直になり「納得」するまで考え抜くことが大事なのだと気付いたような気がします。

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

 

得意分野・その道のプロとは?

「得意なことはなんですか?」

私は、こう質問されたときに答えられるものはない気がします。

 

得意ってなんでしょうか?私のイメージは、

  • その分野・物事については困らない・ある程度答えられる
  • その分野をずっと続けて来ている
  • その分野を仕事に生計を立てている
  • その分野が趣味

などのイメージがあります。

ネットでググると、「上手なこと」「自信があること」などと出てきます。

なんだが、「得意」と「上手」がよくわからなくなって来ました。

 

目次

 

「得意」と「上手」

「得意」とは?

「得意」という言葉をネットで調べてみると、「相手だけではなく、自分に対しても思い通りにできて自信があること」などと出てきます。

 

「上手」とは?

「上手」ってなんでしょうか。

これも少しネットで調べると「相手に対して技能が高いことを褒めること」とあり、相手ありきで利用する言葉です。

 

なるほど。私には「得意」と呼べるものはないです。

仕事はIT関連なのでパソコンや技術の仕組みはある程度理解できますが、それが得意ではない気がします。ゲームにしても、やりこんで極めてそれを動画配信や攻略記事として書けるかというと出来ません。車にしても眺めることが好きなだけで、修理や仕組みについてはからっきりで、どれも中途半端です。

 

思い返すと、そこまでやり込めるものに出会ってないのかも知れません。

中学の時に部活に入ろうと野球部に仮入部しました。小学生から仲の良い友達が野球部に入ったからです。私も同じようにしましたが、ある日、ユニフォームの発注があり正式に野球部に入るかどうかの選択が来たのです。その時私はユニフォーム代を見て諦めました。

「こんなにお金を払ってまで、野球をやりたいか?」そう思うと明らかに答えは「No」でした。ここまでお金を払ってやるより、別のやった事ないことに対してお金を払いたかったからです。

それから興味ができたものについて、「これ以上やりたいがこれだけのお金・時間を払えるか」という自問自答が1つの基準となっているような気がします。

 

就活・企業選びの基準

「安定しているか」が基準

私が社会に出る時には、インフラエンサーやYouTuberなど、一般的なカテゴリのものはなかったような気がします。

# その当時、友人の兄がニコニコ動画の配信者で今も活躍していますが、当時の私は「趣味のものだ」という認識でした。

そもそもそういったものが出始めてきた頃なので、「仕事にする」・「お金になる」という認識があまりなかったです。

「安定しているか」ということが私の企業選びの基準であり、勝手にフィルターされていたのかも知れません。

 

安定した中にいると刺激が欲しくなる

実際に入った会社は、安定していると思っています。

数年で配置換えがあります。全く関連のない業務分野になることもあれば、以前の職場の関連で配置換えになることもあります。

どちらかというと、「ジェネラリスト」型の社員を作るような仕組みで、「スペシャリスト」型の社員はできにくい環境です。

とはいえ、いくら安定しているからといっても、何か「手に職をつけたい」とは思っていました。「その道のプロ」という憧れもありました。

自分がこの先生き残っていくためには、自分ならではの「何か」が必要と考え、業務経験を積んでくると、まだやったことのない「新しいこと」にチャレンジしたくなりました。

そして企画などの「考える」新しいことに手を挙げチャレンジしましたが、紆余曲折し現在の休職に至ります。

企画など「新しいこと」へのチャレンジに対する、自分の気持ちの継続が向いてなかったのかも知れません。

「手に職をつける」ことの意味、生き残りを考えすぎたのかも知れませんね。そういう意味では、「これまで通り」「淡々とした作業」で生き残るような道を探した方がよく、向いているのかも知れません。

 

何が言いたいか

自分の仕事ややりたいことで、「何がしたいか」、ということと、「何が向いているか」、というのは、まだまだよくわからない、ということです。

人生の早い段階でその条件がマッチし熱中している人もいますが、そういった方は少ないと思います。

そしてそういった人が熱中するものにたくさんのお金と時間を注ぎ、「その道のプロ」になっているような気がします。「得意」で「上手」な人ですね。

この「マッチ」に出会えるかどうかは、あらゆるものを試食するようなもので、色々経験することが大事で、結局は「行動する」かどうかなのかも知れません。

 

自分に「行動力」が備わっているかというと違いますが、これからでも変えられるし、逆に、流れに逆らわず、流される中で出会うものを少しずつ試食するように、手にとってみてかじってみる、こともできるのだと思います。

 

今は多様な働き方ができる世の中と思っています。

自分が何者になれるのか、歴史に名を残そうだなんて思ってもいませんが、自分が死ぬ時に「この人生何をして来たか」、「何が良かったのか」思い返せるようにはしたいです。

 

  • 家族と一緒に過ごせたことが良かった、
  • 普通に生活できて良かった。
  • 車は好きだったなぁ、

など思い返せることが多いように、改めてゴール、最後(最期)から逆算する時間としてこの休職期間を過ごしてみようと思います。

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

夜眠れない時にどうするか?


最近寝不足です。というよりは、不眠症に近いです。

 

休職する前も仕事の事ばかり考えてしまい、寝れなくなりました。仕事の時間以外で仕事のことを考えても1円にもならないので、考えないようにしているのですが考えてしまうものです。

そして1度考え出すと考えが止まらなくなります。大体考えるのは布団の中です。なので思ったことを書き留める手段もないのでより悶々としていました。スマホのメモ帳にメモしても目に悪いし、、とか色々考えてしまいます。

 

今はやりたいことをやっているつもりなのですが、眠たい時間帯を逃すと夜寝られなくなります。眠たい時間帯はまだ夕方とかの時間帯で、子どもの相手をしたり家事をしたりするような時間帯のため寝るわけにはいきません。

眠たい時に寝れると良いのですが、、

 

目次

 

寝られない時にどうするか

起きる or 布団で粘る

最近は寝られない時は布団から出て、リビングで好きなことをするようにしています。

スマホやパソコンの画面を見るとブルーライトを浴びるような気がして避けるようにしていますが、やっぱり見てしまうこともあります。

なので、できるだけ本を読むようにしています。本でも小説やビジネス書など夜の時間と気分に合う本を適当に選んでいます。結局それはそれで続きが気になって寝れずに朝を迎えることもあります。

そういう時はもはや寝ることを諦めていますね。

「時間を有意義に使った」と思えたら、まだ寝られなかった日も「プラマイゼロ」な気持ちになるからです。

 

ちなみに布団で粘ったところで寝られない状態が嫌で、余計に悶々としそうだからです。

ネットの記事などを見るといっそのこと起きる方が良い、と記載されているような記事も見ます。

眠ろう、眠ろう、と考えることで副交感神経が作業されリラックスできない状態になるというのです。なので副交感神経が優位な状態にするために「退屈な本を読む」「リラックスできる姿勢をとる」「副交感神経のツボ(百会)を押す」などなど色々言われていますがどれも当てはまった経験がありません。。

 

睡眠薬

病院から不眠症の疑いもある、ということで睡眠導入剤睡眠薬?ももらっています。これまで睡眠薬なるものを飲んだことがなかったので、初めて飲んだ時は驚きました。

感覚としては、飲み屋4軒回った後のような「グラグラ」感に襲われます。

もちろん酔った時ほど気分が悪いわけではないので、すぐ布団に入ることができるので安全です。

 

ただ、睡眠薬も定期的に摂取してると慣れて来ました。。

最初は「グラグラ」感を感じたら布団に入る、という形で寝付けていましたが、最近は「グラグラ」感を感じても勝ってしまいます。

体がその状態を克服・乗り越えてきます。

なので、寝れません(笑)、慣れ・習慣は恐ろしいものですね。

 

睡眠薬の成分量?グラム数を多くしてもらうなど、お医者さんに交渉もできるのでしょうが、体に悪そうな気がするので嫌です。ただ、寝れないのも嫌です。。私は贅沢さんですね。

 

まとめ

睡眠に悩んでいる方も大勢いらっしゃると思います。

一般的な、「日中は運動しましょう。」「太陽の光を浴びましょう。」という類のところは全てクリアしているつもりです。それでも寝れないから大勢の方が悩んでいるわけですが、、

寝れない時にこそ色々考えてしまうので、今後のブログのためのネタというかお話しすることを改めてまとめておきます。

そしてみなさんのブログを拝見させていただきます。

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

体調管理は大切


「体調管理ができていないとは何事か」

 

と、いうようなことを入社したての頃、体調不良で休んだ当時職場のおっちゃん社員から言われたことがあります。

当時は20歳そこらだったので

「は!?」

と若干キレ気味で思っていたことがあります。

※昔は今より全然キレやすい若者だったと思います。

 

最近私は「適応障害」「うつ状態」で休職していますが、体の体調が悪いわけではありませんでした。

ですので、気の向くままに生活していたら、昨日体調を崩しました。

実際には、子どもが保育園からもらってきた風邪がうつったのと、生活リズムの崩れだと思います。

 

目次

 

子どもの風邪は不可避

子どもが風邪を引くと、私か妻かどちらかが体調悪くなります。これは決まっています。逃げられません。100発100中です。

子どもが出来て保育園に通い出してから、体調管理の大切さ難しさに気づきました。

これでもコロナ禍で保育園でも消毒などの作業を実施してもらって、子ども達の風邪もだいぶ少なくなっていると聞いています。

それでも子どもは風邪をひいてきます。

私も30代になって入社した当時の20歳そこらと比べ、体力は落ちているのは百も承知のつもりです。

# これから先、体力が低下していくと思うと嫌になりますね。。

子どもが風邪をひいて、親も体調を崩すと、家事・育児全てどちらかに負担が乗っかってくるので、風邪を引くことはできません。

20歳の頃のように、「ご飯食べて、汗かいて、水分とって、布団で寝てたら、次の日治ってる。」なんて、まずあり得ないです。

次の日でも普通に体調悪かったりします。

ましてやコロナに罹ろうもんなら、隔離含めてややこしいです。

 

体調管理とは

改めて「体調管理」ということを実施するとしても、しんどい時はしんどいですし、風邪引くときは風邪ひきます。

その時に無茶苦茶な生活をしていたのか、常日頃から気をつけて生活していたのか、この差が「体調管理」だと思っています。

# 20歳そこらは無茶苦茶な生活をしていました。なので、体調崩すのは当たり前です。むしろ今ではそんな生活で、そこまで体調を崩さなかったことが「なんで?」と思います。

なので、今回私が体調を崩したことは「体調管理」が出来ていなかったのだと反省しています。

 

体調崩すと良くないことばかり

そもそも体調崩すと

  • 病院に行く
  • 診察代+お薬代がかかる
  • 病院に行く+お薬もらう時間がかかる
  • 妻に迷惑かける
  • 有給を使う

休むことで周りに迷惑をかけることになるので精神的にも疲れます。良くないことばかりです。

最近この歳になってやっと体調管理の大切さ、ネガティブポイントがわかって来ました。

なにより人生無駄にしてるのが1番ダメージでかいです。

 

体調管理は大切

今までは身体的な体調管理を気をつけるように生活して来ましたが、精神的な体調管理も大事なのだと身をもって経験しています。

今は精神的に弱って休んでいるので、これも良くないことばかりなハズです。

気の向くままに生活すると身体的に体調を崩すことを今回学んだので、心身共に健康である状態するため生活リズムは整え、子どもの体調に気を配りつつ、自分の気の向くままに生活していきます。

 

今日は大寒波です。

みなさんお大事に。

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

適応障害・うつ状態と診断されて10日程経ちました。(今年残り344日)


2023年が始まって22日です。

適応障害うつ状態と診断されて10日程度経過しました。

残り344日です。

今年のスタートダッシュどころか、スタートできていない気がしています。

 

診断されてから色々な記事を読んだりしていますが、気の持ちようではないと感じています。

やはり何をするにも気分が乗らないことがあれば、それなりに普通の休日のような日もあります。

早速今年を振り返り、残りの344日を有意義にするためにどうするか考えます。

 

振り返り

  • 年末年始は、妻の実家で過ごす
  • 妻の実家で仕事開始(リモートワーク)
  • 大阪へ移動
  • 体調不良で休暇→そのまま休職へ

この辺りは初回投稿の記事で記載しています。

 

gdtime.hatenablog.com

 

振り返りましたね。

今年は出鼻で挫かれました。

 

今年の目標(当初)

  • 資格取得
  • 読書
  • 筋トレ継続

 

資格取得

早々に計画が崩れています。

業務関連資格で色々取りたいものがありました。

情報処理安全確保支援士

www.jitec.ipa.go.jp

年2回(春・秋)開催の試験です。

既に試験申し込みが始まっていますが、申し込む気があまり出てきません、、

 

AWS SAA

aws.amazon.com

AmazonクラウドサービスAWSの試験の中で中級の試験です。

初級試験は昨年末の12月に取得しました。

その勢いで1月に取得を考えていました。

 

Azure AZ-305

learn.microsoft.com

 

MicrosoftクラウドサービスAzureの上級資格です。

中級資格は昨年の6月くらいに取得していました。

どうせなら上級まで取得してしまおう!という気概で色々年末は準備していたのですが、こちらも頓挫しています。

 

+セキュリティ関連の資格

尖った資格を1つくらいは取得してやろう!と思っていました。が頓挫しています。

 

クラウド関連の資格や、セキュリティ関連の資格について勉強を継続してきていたので、年明け早々に取得したかったのです。

取得すると会社から奨励金が出たりします。でも今は

  • 休職してしまったので、奨励金が出なくなりそうな気がする
  • 今は勉強する気分にどうしてもならない。

といういやらしい理由も込みで遠ざかっています。

 

読書

読書もビジネス書を読むことや小説を読むことが好きでしたが、なんだか途中で読むことをやめてしまっている本が3冊ほどあります。

本の話はまた記載していきたいです。

 

筋トレ

これだけは継続していますし、なんとか継続したいです。

やっていて楽しい気分になるのでやはり筋トレはオススメです。

ただ最近肩を痛めてしまっているので、回復優先です。

 

休職してから新たにやりたいこと

ブログやクラウドワークスはやってみていますのが、その他に遊ぶことについてやってみたいことが出てきました。

クラウドワークスの記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

 

カーシェアを利用してみる

「Anyca」ってご存知でしょうか?

個人所有の車をシェアすることができるサービスです。

anyca.net

TimesCarシェアみたいな感じですが、一般の個人の方が空き時間に車を貸出して、利用者は自分が乗ってみたい車があれば乗ることができるサービスです。

私はAudiの「 TT」という車が大好きです。

www.audi.co.jp

エクステリアのスタイル・デザインがたまらないですね。

街中で見かけたら、無茶苦茶ガン見します。

 

ただ、家族もいますし、既に車も所有(CX-8)しているので買い替えはあり得ません。

www.mazda.co.jp

ですので、セカンドカーとして所有することをコソコソ考えていたのですが、キャッシュアウトが大きすぎるので、カーシェアで利用するなら良いのでは?と思っていました。

 

そこで知ったのが「Anyca」というサービスです。

このサービスを利用して1日利用させてもらいたいな、と思っています。

「TT」であれば12,000円/日くらいです。これでも高いな、と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、私の感覚ではそうでもないと思っています(笑)

こと車となるとお金の価値観で正しい判断ができなくなると思っているので、妻に相談はしています。

 

近いうちに利用するつもりでユーザー登録は済ませました(笑)

 

Nintendo Swtichのゲームをやりたい

スプラトゥーン3

日頃はスプラトゥーン3をやりこんでいます。

www.nintendo.co.jp

インクを塗ってどちらが多く塗った、とか、相手へインクをぶつけてやっつける、というシューティングゲームのものです。

エンジョイプレイのユーザーなので、詳しい攻略などは分かりません。ただ、1試合が5分程度なのでやりやすいのです。

そして、5分程度の試合をおかわりし倒しています。

 

ポケットモンスター スカーレット・バイオレット

あとは久しぶりにポケモンをやりたくなりました。

www.pokemon.co.jp

こちらも近いうちに近くのゲオに中古ソフトを買いに行くつもりです。

 

まとめ

まだまだやりたいことが出てくると思いますが、今は心の赴くままに動いてみたいと思っています。

それが良いのかは分かりませんが、、

悪いとすれば計画性のなさで後悔することが出てくる気がします。。

 

家族との時間が今はたくさん取れているのですが、良くも悪くも毎日お昼ずっとリビングにいることや家にいるので妻からは煙たがられているような気がします。。

夫婦としては少し離れる時間も必要とは思っているので、そこのバランスも考えながら休職期間過ごしていきます。。

 

残り344日。

今年最後に振り返った時に、「今年の最初は出鼻挫かれたが良い1年になったなぁ」と思える様な年にするために、

「無理せず(本当に)頑張ること」を1番の目標にします。

 

前回の記事

 

gdtime.hatenablog.com

 

子ども連れで梅田へランチは大変

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭の方の外食は、どのような場所へ行かれるのでしょうか?

私達は、

  • 子ども用の椅子があるか
  • 子どもが食べれそうなメニューがあるか
  • 畳や少し動けるような場所(スペース)があるか

などを基準に選んでいます。

大体いつも同じようなお店を、ローテーションしています。

が、いつもと違って梅田へランチビュッフェをした時に改めて大変さを感じたので記事を書いてみました。

 

目次

 

ランチにホテルビュッフェへ

毎週末外食するわけでもないのですが、外出も兼ねて、梅田の方へビュッフェを食べに行くことにしました。

www.hotelvischio-osaka.jp

ホテルビュッフェですね。

エントランス

ホテルビュッフェはお店の雰囲気も良いので好きですし、お店選びの基準も満たすことができると思っています。

ただ、子どもを連れて梅田にいくのは大変です。。

 

梅田へどうやって行くの?

車は駐車料金が高すぎる

休日しか車を乗る機会がなく、車で行けるところは車で行きたいのですが、梅田は駐料金が高過ぎます。

ランチ代以上になります。

最大料金の設定がないところがほとんどですね。

ヨドバシカメラの立体駐車場は、大阪駅近くで色々なところへのアクセスも良いので、過去何度か停めたことはあるのですが、いつぞやから駐車料金が上がっていました。

リンクス梅田がオープンしてからな気がします。

links-umeda.jp

 

ここでも土日最大料金2,500円とかですね。

ランチ代以上です。

でも、友達と乗合で行くならアリなんじゃないかと思います。

 

公共交通機関も大変

今回は行きはバス・帰りは地下鉄を利用しました。

車に比べると当然安いのですが、ベビーカー利用民なので移動が大変です。

例えば、地下鉄やJRなど乗り継ぎも大変ですし、ホームから目的地への移動も大変です。

特にエレベーターを探すのが大変です。

ビル→地下街などの移動ルートの案内が、もっとわかりやすければとても助かるのですが、、

※地下鉄だと乗り換えには●号車が1番近い、というような案内が欲しい、、

Googleマップで車椅子対応のルート案内もあるようですが、梅田の地下街などのナビには対応していないんじゃないでしょうか。。

 

子どもが遊べる場所が少ない?

子どもを連れて梅田へ行くと、ただランチを食べるだけでなく、子どもも遊ばせたいです。

遊ばせると言っても梅田で公園がすぐ近くにある訳でもなく、子ども用の施設があったります。

ただそこも、7,800円/時くらいします。

kidokid.bornelund.co.jp

 

www.fantasy.co.jp

 

お金があれば別に良いのですが、そこまでお財布が緩くもなく、子どもも人見知り・場所見知りをするので、どうなのかな?と思っています。。

 

なので、無難にガチャガチャでテンション上げました。

リンクス梅田の2Fの外側にガチャガチャが大量に設置されています。

ヨドバシカメラ5Fもありますね。

 

まとめ

車で梅田へ子どもを連れてお出かけする時は、冷蔵庫・エアコンの買い替えでヨドバシカメラの駐車場を利用する時、くらいしかないねー、などと妻と話しながら帰ってきました。

子供にとっては、車やビルが珍しく、人が多いなー、くらいにしか思わず楽しくはないような気がします。

グランフロント北館には庭園や緑がありあたたき時期は、川の水やテラス席でゆっくりしながら子どもたちも少しだけ自然に触れたりすることができるのでオススメですが、長居するのは難しいかと思います。

 

  • 子ども連れがランチで梅田へ行くなよ
  • ついでに子どもも遊ばせたいと思うなよ

と言われれば仰る通りです(笑)

梅田へランチしに行くのは子供たちがもう少し大きくなってから、、と夢を膨らませておきます。。